!酒とは別にオタク関係の話が多々ありますのでご注意下さい!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さかぐらぐらし2016二日目
2016年11月17日 (木) | 編集 |


さかぐらぐらし始めて二日目で全身が筋肉痛ですがすこぶる元気なオタクです。ユーリオンアイスの7話見なくっちゃ!


朝から麹室へ行って麹の様子を見て手を加えるよ。麹室は約30度でとても暑いので汗だくになっちゃうぜ!豚汁。

Cxa64SRUAAAeoQk.jpg

CxcLS0fUAAITO27.jpg

あの、麹の進み方をはぜって言うんだけどね、何て説明したらいいんだろう。お願いウィキペディア先生!

破精(はぜ)とは、日本酒醸造過程における麹造り(製麹)の段階で重要視される概念である。麹菌(コウジカビ)の菌糸が蒸し米に根つき、喰い込んだように見える状態をいい、具体的に造り手など人間の肉眼からすると、米のあちこちに出てくる白い斑点をいう。

これは麹菌が徐々に繁殖してきた兆候である。繁殖にともない麹菌自らが繁殖熱を発するようになり、それをいかに散らし冷ますかが麹造りという工程の大きな部分を占める。

しかしこの白い斑点である破精が、米粒の一点だけに生じているのか、あるいは全体に生じているのか、によってその後の米の溶け具合が異なってくる。そのため注視される「どのような態様で破精が生じているか」を破精込み具合(はぜこみぐあい)という。 甘酒をはじめ糖化力の高さが求められる用途ではアミラーゼの産生量と質(力価)を重視することが一般的だが、後述のとおり、酒造りにおいては醪の溶け具合や麹米と掛米の仕込比率、微妙な品温管理、銘柄による風味の違いなど様々な要素が関わることから、破精込み具合(アミラーゼの産生量)のみをもって一概に麹の良し悪しが決まるものではない。 また、不良麹とされる、いわゆるバカ破精や、塗り破精であっても一律に廃棄されるわけではなく、程度によっては麹の仕込比率を高くするなどして使用されることもある。

サンキューウィキペディア先生!!!

わしも最初納豆巻きさんや社長がなに言ってんのかちんぷんかんぷんでしたが今になってようやく理解してきた。
納豆巻きさんや社長は進み具合を匂いとかで確かめるんだけどめしださんは全然分からずです。その前に鼻詰まり。



CxcLhydUkAA9Pzs.jpg

鼻詰まりしつつそれでも麹の様子を観察するオタク。麹はショタみたいなもんだからね。

先は長いぜやるしかない。



明日の朝私はしゅがはさんを迎えに行かなければならない。よろしいならば戦争だ。

CxcVK3mVEAA8_Sx.jpg


しゅがはさん長野県出身のアイドルだぞ☆



↓よろしければポチリと…めしださんの萌えパラメーターが上がったり上がらなかったり。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 酒ブログへ

長野県の地酒東飯田酒造店

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。